掛川手織葛布 郷土工芸品
<< HOME
歴史紹介
葛布になるまで
製品紹介
お店紹介
岡本葛布工房
小崎葛布工芸
川出幸吉商店
資料紹介
お問合せ
リンク集
岡本葛布工房
創業明治26年
岡本葛布工房(三福工業(有))
住   所   〒436-0025
静岡県掛川市下俣1025
電   話   0537-22-3158〜9
ファックス   0537-22-3159
地   図   こちらをご覧下さい
  新幹線掛川駅より西へ徒歩20分。車で6分。
  掛川インターより国一号線方面へ7分。
  掛川西中学校運動場東側。
創業明治26年“万葉の繊維”と云われている葛のつるから採った繊維を手紡ぎ、手織りにした「葛布」は日本三大古布の一つになっています。

昭和36年迄はOKAME−SANブランドで葛布の壁紙をアメリカへ輸出、国内では葛布の襖紙を製造。

36年以後、輸出もストップし、現在のようなインテリア関係の品を作るようになりました(展示場あり)
店舗外観
 
内部
製品 製品 製品

手織り葛布製品
@ 壁掛類 (豆色紙掛、短冊掛、色紙掛)
  特徴 自然繊維の素朴さ 茶掛、床掛(並・中・大)(和・洋にも)
    手つむぎ、手織りの風趣 巾60cm以内、長さ無限大、どんなサイズでもお作りします。
       
A 衝立 片面、葛布へ手捺染型染(模様「徳川時代」)
    片面、葛布の無地(他の柄も有り)
       
B 手提げバック ボストン型  
    しま柄・無地織り、色は多種 28×28×8
    和、洋の両方に使え”絹にも勝る光沢”があります。
       

以上以外の葛布製品  
  屏風(多種)、ぞうり、座布団、テーブルセンター
財布、 小銭入、印鑑入、つまようじ入(鏡付)
ペンダント、ループタイ 他等

葛布の のれん・すだれも特注サイズでお作りしています。